HOME>オススメ情報>失敗したくない家づくりは金銭面がカギを握る

土地代が費用面で大きく占める

一軒家

栃木に注文住宅を建てるにしても、問題は費用や相場でしょう。建物価格が分かっているのは建売住宅ですが、そこが把握できないのが注文住宅で、土地代込みで2900万円、3500万円というように栃木で実際に建てた方の価格には差があります。郊外の土地なら相場も安いというのはいわずと知られており、田舎では土地代が安いから広い敷地を確保できます。土地を手放す方が少ないため、建物付きで購入するにしても建物の解体費が発生しますから、土地を売ってくれるように上手く交渉することで土地代込みでも予算内に収まることがあります。希望地があるのなら、地元情報網に長けている工務店を選ぶことが最適で、交渉力に優れているともいいます。また、注文住宅でなら建売住宅と違い、設計着手金が必要になります。工務店ならば相場は20万円ほど、設計事務所ならば、工事費合計の10%が目安です。

頭金を用意しておく

住宅模型

栃木にて注文住宅を建てるにしても、初めてのことばかりで、何から始めるべきなのかさえあやふやでしょう。まずは、準備・計画が必要となります。自分たちのライフスタイルに合った理想の家づくりのために情報収集が必要です。栃木版の住宅情報誌、関連サイト、実際に建てた親戚や友人から情報提供してもらうのも有りです。様々な情報から必要なものを取捨選択しておきましょう。注文住宅を建てるなら、必要なのは頭金で、総予算の3割は用意しておきたいもので、預貯金、親からの援助などでまかないましょう。

方法は実に様々

部屋

いざ、注文住宅を建てるにしても肝心なのは工務店決定という申し込み先です。オープンハウス見学会なども栃木で開催されているならば、そこで出会い、申し込む方法もあります。各ハウスメーカーが展示している総合化された展示場でという方法もありますし、親戚や友人から紹介してもらってという申し込み方法もあります。もちろん、不動産屋のチラシを見て、というケースもあるでしょう。大まかな費用を出してもらって比較してみるのもおすすめで、候補を絞ったら訪ねて依頼先を選びます。

広告募集中